自分が欲しいサイズのローテーブルをDIY その弐 ローテーブルの脚を作成

[スポンサーリンク]


ローテーブルの脚の為にSPF材を45度カット


ローテーブルを自作していと思っています
前回はソーガイドを使って、SPF材を45度カットして、材料を準備しました

今回は、それをビスを使って組み立て、ローテーブルの脚を完成します

https://diy.masas-record-storage-container.com/2020/05/22/lowtable01/

[スポンサーリンク]


ローテーブルの脚を組み立て


ローテーブルの脚を組み立てて行きます


見える場所はダボ埋めでビスを隠す


ビスは、ダボ埋めで隠して行きたいと思います
見えるところだけ(笑)
なので、見える場所はダボ穴と下穴を開けていきます

[スポンサーリンク]

大西工業 6角軸ダボ錐(NO.22) 8mm用mm
●ダボ穴をあけるのに必要な有効長を持つビットです。 ●深さに達するとストッパーがドリルの先進を止め、余分な回転時間をとらず、バッテリーが長持ちします。 ●1回の充電でより多くの穴あけが可能です。 ●ストッパー付きで一定の深さの穴あけができます。

脚材をビスで固定


カットしたSPF材を、ビスで固定し、組み立てていきます

固定には、クランプを使用していきます
90度が出た状態で、材料を固定出来るので、素人DIYには便利アイテムです

カットにズレがあるので、隙間などが沢山ありますが、気にせずに進みます^^)b
気にしていたら、素人DIYは終わりません(笑)
いつかは技術が上がって、綺麗にカット出来る様になりたいです

[スポンサーリンク]

SK11 クイックコーナークランプ 固定板幅 65mm以下 SKC-3
直角固定が簡単、早くできる 【用途】 額縁の製作、木工作業での直角固定や接着作業 【特徴】 ・アルミ合金製で軽量 ・プッシュボタンで位置合わせがスピーディーに行える ・巾65mmまでの角材が挟める

ビスでどんどん固定していきます

今回は45度カットなので、出来るだけ眺めのビスで固定をして見ました
木材の組み合わせかたは、下の写真のような形です

やはりカットの精度が低いので、隙間などが生じてしまっています

隙間が見えてしまってもいいのと考え進めます
SPF材の曲がり等を考慮しながら、設置時にグラつかないことを優先します

[スポンサーリンク]


ローテーブルの脚を塗装


SPF材を塗装していきます
ローテーブルですが、多少の水気に耐えるように、屋外用塗料を使います
カンペハピオの油性塗料のメープルで、塗装しました

[スポンサーリンク]

カンペハピオ 油性木部保護塗料 メープル 0.7L
製品の特長 ●水性タイプに比べ、優れた木材防虫・防腐・防カビ・防藻・UVカット効果を発揮します。 ●保護効果が高いので傷みやすいウッドデッキや木製外壁などに適しています。 ●表面に塗膜を作らず着色するので木目が見え、木材の持つ自然な風合いを引き立たせます。 ●塗装後も保護成分の臭いが若干残りますので、屋内木製品の塗装に...

今回のローテーブル作成は、45度カットの組み合わせがテーマです
正直、細かいことは気にせずに進めています
ダボ穴を間違ったところも、見えない場所はそのまま進めています(笑)

[スポンサーリンク]


ローテーブルの脚完成


作成した2脚を繋いで、ローテーブルの脚は完成です


ローテーブルの脚を繋げる


左右の2脚の組み立てを完了しました
1バイ4材を使って、2脚を繋いでいきます

45度カットの木材を使って、箱型では無い脚が出来ました
カットの精度には、不満はありますが、これまでにないデザインが作れたのは満足です


小物置き用の棚を作成


端材を使って、小物が置ける棚を作成します
リモコン等が置けると、散らからないので、こういうちょっとしたスペースは欲しいですよね

ローテブルの脚が完成しました
次回は、天板を作成して、ローテーブルを完成させたいと思います

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
▼オンラインで、あなたのハンドメイド&DIY作品を販売▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました