BOBLBEEボブルビーハードシェルバックパックのべたつき加水分解を除去


BOBLBEEボブルビー


BOBLBEE(ボブルビー)のハードシェルバックパックを使用しています
かれこれ、もう15年以上も使用しています

ハードシェルといい、独特なデザインで当時人気のある商品だったと思います
バイクツーリングの時など重宝していました
今はバイク乗っていませんが、丈夫で物もしっかり量が入るので、現在も愛用しています

BOBLBEE社ですが破産して、現在はPoint 65 Packs社が権利譲渡して現在も生産しているようですね

[スポンサーリンク]
Point 65 BOBLBEE 25L GT (PHANTOM)【日本正規代理店品】
独特なABS樹脂製モノコック構造のハードシェルと、ソフトなハーネス部分からなる、斬新なデザインのハードシェルバックパック 背負うこと自体が、オートバイ等の運転中やスキーでの滑走中に万一の事故にあった際に背中を保護する機能を持っており、ヨーロッパの安全規格であるEN 1621-2の最高レベル(LEVEL 2)の認証を受け...

[スポンサーリンク]


べたつきの原因の加水分解したラバーコーティングを除去


ただ数年前からある問題が生じて、使用頻度が下がっていました


表面がべたつき始めた


長年使用してきたハードシェルバックパックですが、問題が生じました
それが表面がベタベタとべたつくようになったこと
このべたつきがホコリまでキャッチして離しません 涙

べたつきを触ると手にも付きます
タオルで拭いてみると、この通り真っ黒に・・・

このべたつきですが、表面のラバーコーティングが原因のようです

ラバーコーティングは塗膜の強さや質感がいい高級な塗装なのです
が、経年劣化で加水分解してこのような状態になっていまいます

今回はこのラバーコーティングを外して、汚れずに使えるようにしていきます


BOBLBEEボブルビーハードシェルバックパックの分解方法


べたつきの原因のラバーコーティングを剥がす為に、分解していきます
まずはカーゴネットを外します
フック、横にあるの金具、下部のベルトを外します

[スポンサーリンク]
Point65 BOBLBEE Cargo Net Type B (Black/Orange) 【ボブルビー カーゴネット 日本正規代理店品】
BOBLBEE(ボブルビー)用オプションネット Type Bは、2つのフック、2つのループと2つのストラップでボブルビーシリーズに装着するカーゴネット。ウィンドブレーカー、手袋、水筒、ビーチタオルなどが外部に固定できます。 対応機種=Boblbee 25L(GT、GTO、GTX)、20L(GT、GTO、GTX) サイズ...

次は固定されているボルト類を抜いて行きます
工具は六角ソケットとトルクスレンチです
とても、リュックのメンテナンスに必要なものとは思えない 笑

[スポンサーリンク]
Gunpla トルクスレンチ L型レンチ いじり止め対応 ヘックスローブレンチセット
Gunpla トルクスレンチ L型レンチ いじり止め対応 ヘックスローブレンチセット

まずは下部の曲面付近にあるネジを外します
緩み留めナットになっているので、両側を固定してやらないとネジ自体が回ってしまいなかなか外れません
これを先に外すことで、この後のサイドの下の方にあるネジが外せるようになります

サイドの部分は、内側からトルクスのネジが刺さり、外側で六角ナットで締められています

六角ソケットとトルクスレンチを使いながら外して行きます

上から外して行くと、開く範囲が広がるので、下に向かって外して行きます

これで、背負った時に背中に当たるビニール生地の部分が外れ、ハードシェルの部分と別れます
後は、上部のベルト固定の金具や、カーゴネットを固定するフックを外します

ラバーコーティングが施されているハードシェルのみに分解出来ました


ラバーコーティングを除去


早速、ラバーコーティングを剥がして行きます
と、いきたいところですが、問題はこのハードシェルの素材です
ABS樹脂なのです

塗料の剥離の為に無水エタノールを使いたいところですが、ABS樹脂はアルコールに弱いです

本当は、ABS樹脂に使える塗料の剥離剤を使いたいのですが、金銭的に・・・
(このサイズを漬けるとなると量が必要)

次に考えたのは、ヤスリで削り落とすことだったのですが、研磨の手間を考えると断念・・・

ということで、全く人にはオススメ出来ませんが、今回はアルコール度の低い除菌シートや、メラミンスポンジ等で気長に拭くことにしました

除菌シートにもアルコールは含まれるので、少し拭き取ってABS樹脂に染み込まないように、別のアルコールを使用していないシートで拭き取りを繰り返し
大まかに取れたら、メラミンスポンジで転々と残るラバーコーティングをからめとり
2時間程戦ったら、ラバーコーティングが剥がれABS樹脂を剥き出しにすることが出来ました

サイドにあるネジで固定されていた部分は、固定の為空気に触れにくいため、ラバーコーティングも加水分解されていませんでした
なのでラバーコーティングがしっかりしていて、加水分解してしまっている部分程剥がれやすくありません
どうせまたネジで固定されて、触れることもなく、見えにくい場所なので、再度部分はほぼそのままで諦めました笑


ハードシェルを塗装


ラバーコーティングを剥がした表面は曇った見た目になってしましました そのままは気に入らなかったので、家にあったスプレー塗料で塗装します

まずはシリコンオフで表面を脱脂します
バックパックとして使用するので、塗料は塗膜が強い染めQを選択
ミッチャクロンで下地を作り、ブラックのスプレーで塗装します

[スポンサーリンク]
SOFT99 (99工房) 脱脂剤 シリコンオフ300 300g 09170
SOFT99 (99工房) 脱脂剤 シリコンオフ300 300g 09170
染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ 420ml
金属から樹脂まで、幅広い素材に対応(PPにも対応) あらゆる上塗りが可能なマルチプライマー ●特殊なポリオレフィン系樹脂をベースに変性重合を行い、耐薬品・耐水・耐蝕性に優れたプライマー ●密着の悪い生アルミ、ステンレス、クロムメッキ等の金属、ガラス、プラスチック(自転車バンパー・アクリル看板)等の樹脂面、そして焼付塗装...
染めQエアゾール ブラック 264ML
特長:革、布、木材、プラスチック、金属も染めたような仕上がりになります。スプレーするだけで簡単キレイです。ナノテクノロジーを駆使した染色型塗料で、ナノ単位の粒子が素材の内部に浸透して密着します。 ※ご利用時には換気を良くし、ミストやガス等を吸い込まないよう保護具等をご使用ください。

ブラックの塗料が載りました
ラバーコーティングを剥がした状態の曇った見た目よりは良くなりました
当然加水分解したラバーコーティングは剥がしているので、べたつきもありません

[スポンサーリンク]


BOBLBEEボブルビーハードシェルバックパック復活


後は分解した逆を行って組み立てて完成です

無事、表面のべたつきを除去して再び使えるようになりました
自分で使う分には全く問題ないです

ABS樹脂にアルコールを使っているので、とても人の物には出来ませんが笑

これまで長く使ってきたハードシェルバックパックなので、これからも長く愛用していきたいと思います

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
▼オンラインで、あなたのハンドメイド&DIY作品を販売▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました